サービスリリース1年で累計の買取申込金額が20億円を突破しました。

PAYTODAYは、2021年1月15日に即日振込のオンライン完結型AIファクタリングサービス(請求書買取サービス)をリリースし、おかげさまで1年間で累計買取申込金額が20億円を突破しました

弊社は、事業ミッションの一つとして「ブリッジファイナンスとしてのファクタリングを経営の選択肢の1つに」と掲げています。

経営者の「ファクタリングでの資金調達」の認知度は低く、ある調査では経営者の10%程度しか認知しておりません。残りの90%の経営者はファクタリングという資金調達手法を認知していないとの結果がでています。

ファクタリングは手数料も高く活用できる場面は限定されますが、順調に成長している企業なら、売上の急増により36カ月(3年)の内、3~6カ月程度は運転資金の不足対応に悩まされます。このような場面で、「時間を買う」「機会損失を防ぐ」という観点で、ブリッジファイナンスとして一定期間のファクタリングを活用することは非常に合理的です。

ただし、ファクタリングの不適切な活用事例を多く見られ、ファクタリングは怖い、という印象をお持ちの方々も多くいると感じています。 

適切な場面でのファクタリング活用は企業価値を向上させる

このような前向きな場面で、ブリッジファイナンスとしてのファクタリング活用で「より企業が大きくなる場面」を適切に訴求して、多くの経営者がファクタリング活用を企業経営の中での資金調達の選択肢の1つとして認識できるよう、弊社では情報発信等を行っていきたいと考えています。

ブリッジファイナンスとしてのファクタリングについては下記記事でより詳しく紹介しておりますので、是非こちらも参照していただけますと幸いです。

資金繰りにお悩みの方は是非お気軽にお問い合わせください。

AIファクタリングで即日・最安の資金調達!

よかったらシェアしてね!